Voice

スタッフの皆さんが持っている暖かさ

2009-10-24 綿貫直人様・佐智子様ご夫妻

横川様、ならびにスタッフの皆様

なんかまだ、余韻から抜け切れません。
その余韻のせいかもしれませんが、まだ 今でも「あぁ今週末も赤坂で打ち合わせせねば!」と思ったりもします。

思い返すと6ヶ月前からの準備で長いようで、終わってみると、めちゃめちゃ短く、終わったということが、なんだか寂しいような気もします。
最初に会場探しをして、赤坂シュビアのサロンを訪れたとき、 私たちは、横川さんの話を聞いて、ココにしようってすぐ決めました。

それは、なぜか。・・・直感です(笑)
今を思えば、その直感というのは、スタッフの皆さんが持っている暖かさなんだと思います。

その”暖かさ”といえば、その日(会場探しをした日)雨だったのですが、「雨の中来ていただきありがとうございました」と、サロンで調理スタッフの方にポタージュをもらいました。
おそらく、会場からわざわざ持ってきてくれたのだと思います。
それも、いろいろな意味で暖かく非常に おいしかったことを記憶しています。

その後、いろいろと決めるにあたっても親身に対応していただいたこと、それから私たちから送ったメールの返信を、夜遅くまで対応していただいたこと、ほんと頼りっきりで申し訳ないということと、感謝しても、感謝しきれません。

1週間前に発覚した私(夫)の引き出物発注ミス。
私自身かなり焦りましたが、横川さんが 丁寧に対応していただきました。
でも、横川さん、実は普段結構頼りがいがあるんですよ!(たぶん?)。

本番当日は、それまでにイメージしていた式・披露宴以上に楽しく、そして暖かく進むことができました。
それから列席いただいた親族・友人等からも 「楽しかった」、「食事がおいしかった」との感想をいただきました。
これも偏に、皆様のご支援の賜物だと思います。

最後に、横川様、ならびにスタッフの皆様、これから寒くなってきますので、ぜひお体ご自愛ください。
赤坂に行く機会がありましたら、寄らせていただきます。

それと、DVDまだ来ていないので、楽しみにしています。
ホントにありがとうございました。