Voice

いつもいつも私達が居心地が良いように配慮してくれる最高のおもてなし

2009-06-27 T.M様・K様ご夫妻

※直筆で頂いたお手紙を一部抜粋させて頂きました。

2009-06-27-tmk


 

☆新婦から

このたびは本当にありがとうございました。
本当にさびしい気持ちでいっぱいで、何から書いたらいいかわからないくらいなのですが…。

私はずっとサービス業に身を置いているので、お仕事としてかかわる方々との関係について“ここまでだろう”というラインをどこかで引いていたようなところがあります(お客様側としても提供側でも)。今の仕事に就いてからは、それまで経験のなかった貴重な体験を積み重ねるなかで、そのラインが「提供する側、される側」というものから、だんだん“人間 対 人間”というものになってきていました。

そんな折、縁あって結婚が決まり、“提供される側”として会場探し・物を買う/借りる・頼む、という“ここまでだろう”モードの作業が始まりました。
どのくらいの会場を見学し、話を聞いたでしょうか…。
どれだけの口コミを読んだでしょうか…。
時間のない中でバタバタと動きましたが、その頃の私達には予想もつかなかったような、温かい気持ちとさみしい気持ちで一杯です。そして、あふれる感謝…。
シュビアさんとのご縁で、まさに“人間 対 人間”で創り上げる体験ができたことを実感しています。

2009-06-27-tmk3

夫が書いてくれていた、私の「まさかこんなふうに(素晴らしい結果)なるとは思ってもいなかった」というのは、自分自身(私たち二人)と、パーティーとの距離、出席者との距離、そしてシュビアさんとの距離が、ここまで近づいて、これだけ一体化するとは思わなかった、という気持ちから出た言葉でした。
あれだけの心からの笑顔になれて、細かいことが何も気にならず、安心して楽しめるとは…。
アテンドして下さった杉さん、谷藤さんのゆったりしたご案内のおかげです。
そして遠くでこっそりと見守って下さった横川さんの存在のなせる業です。

料理もおいしいと絶対的にわかっているので、皆さんが食べているのを見て、心から「ホストとしての喜び(偉そうですね 笑)」を感じることができました。
お客様をもてなして下さるスタッフの方々にも安心していました。
お一人おひとりのお顔もお名前もまだわからないけれど、それまでお会いしたシュビアのスタッフどなたもがとても親切で臨機応変、連携バッチリで、笑顔一杯だったので、全く心配していませんでした。
それもみな、これまでの打ち合わせやランチ体験で積み重ねてくることができた信頼関係のおかげです。

このパーティーのおかげで、それまでの二人では経験できなかったことを積み上げることができ、本当に幸せに思います。そのプロセスを横川さんをはじめとするシュビアの皆さんと創ることができたことも、神様に感謝です。とてもラッキーな私たちです。
これからも、何かとシュビアさんのお料理とサービスを楽しめる機会を作っていきたいと思いますので、末永くお付き合いよろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご活躍を心からお祈りしております。本当にこのたびはお世話になりました。ありがとうございました。
まずは、私自身、体を大事にして、元気な赤ちゃんを産みたいと思います!

K.M


☆新郎から

思い起こせば初めてお会いしたのが4ヶ月前だったんですね。その間にお会いしたのは数えるほどなのに。とても親近感を覚えていまとなってはこれで結婚パーティが終わってしまったことだけでなく、横川さん達ともお会いする口実がなくなってしまうことに、淋しさを感じます。

前日、荷物搬入の際に感じたあの家に帰ってきたようなホッとした感覚は嘘ではなかったのだと今はっきり思います。僕たちにとっては、いつの間にか家とか家族に近い存在になっていたのかもしれません。
横川さんがいつも僕達をあたたかく、優しく見守ってくださって。
またお会いするスタッフの方々が気持ち良くもてなしてくださるので居心地が良くついつい羽を伸ばしてしまいました。

横川さんには最後まで色んなわがままを言って困らせてしまいましたが、可能な限り私たちの要望に応えようとしてくださいましたね。
常に私達の視点で色々な相談にのってくださり、またアドバイスをしてくださり、そのお気持ちが本当に嬉しかったです。パーティが迫るにつれ、僕も妻もプレッシャーがかかっていきましたが、横川さんに会うと何だか気持ちが湧き上がって準備するにも「よし、やろう!」とポジティブな気持ちになれました。

幸せいっぱいのケーキ入刀

式当日の入場前、横川さん達がドアを開いてくださる時、何だか卒業式(SUBIRからの)のような「本当にお世話になりました。巣立っていきます」という感覚でした。
後から聞いたのですが、妻が入場前に泣きそうになっていたのは皆さんとの別れが近づいてきたことを実感したからだそうです。
せっかくのご縁と思っておりますので、また何らかの口実を作らせていただき、今後ともお付き合いいただければ嬉しいです。

他にも私達の結婚披露パーティに準備の段階から関わってくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。私達の大切なゲストの方々からもとても雰囲気が良かった、細かな所までのスタッフの方々の配慮が良かった、料理がおいしかった等好評いただき、お陰様で私達にとって最高のパーティを行うことができました。

妻が式を終えて言った「何一つとして不満足なことが無かった」「本当にSUBIRでやらせてもらって良かった」「まさかこんなふうに(素晴らしい結果に)なるとは思っていなかった」との言葉を聞いて、本当に僕も嬉しかったです。

SUBIRに行くと幸せな自分になれる。
いつもいつも私達が居心地が良いように配慮してくれる最高のおもてなしでした。
皆様のご健康とますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

2009.7
T.M