Voice

全員参加型の挙式・披露宴を目指していた私達

2008-01-19 玉屋様ご夫妻

2008-01-19tamaya

シーブルーは新郎の好きな青、バンケットは新婦の好きな黄色&茶色で2人とも一目惚れだったと思います。
最も重要視していたお料理もすごく美味しくて、見学しに行った日に出してくれた揚げたてのカレーパンも最高でした。
またアレルギーの人の話をするとすぐに代替案を提案してくれたり、赤ん坊やお年寄りにも個別に対応してくれるとのお返事を頂けたのがとても頼もしかったです。

ここなら『私達の理想通りの式が挙げられる!』と思って、お願いすることにしました。

シュビアには何回通ったか分かりません。進行等の打ち合わせだけでなく、お花のことだけでも3回は行ったと思います。
心配性な私達は早めに打ち合わせを開始し、何度も何度も通いましたが、その度に横川さん、田中さんだけでなく、他のスタッフさんも笑顔で迎えてくれたのを覚えています。また1人で行った折には必ず誰かが相手をしてくれて、いつも楽しい気分で帰って来れました。

当日もスタッフさんの笑顔で迎えられ、親族紹介⇒挙式⇒披露宴とあっという間に時間が過ぎて行きました。始めは緊張していたけど、途中からは楽しくて楽しくて仕方なくて、自然と笑顔がこぼれていました。

進行や演出に関してもたくさんワガママを言ったのに、希望通りに進められるよう調整して頂けたので、やりたかったこと全てを取り入れることが出来ました。
ブーケ・ブートニアのセレモニー、階上からのリングリレー、自分達だけのオリジナルな誓いの言葉、バージンロードでの全員集合写真、ビール&カレーパンサーブ・・・どれもシュビアでなければ出来ないことばかりでした。

全員参加型の挙式・披露宴を目指していた私達にとって、列席者の反応がすごく心配でしたが、『素敵な式だった』『アイデアが斬新だった』『チョコレートフォンデュ美味しかった』『お料理でこの会場選んだだろ!』等の感想を頂くことが出来て良かったです。

ブートニアを挿す位置を間違えたり、リングリレーで父がリングを落としてしまうなどのハプニングもありましたが、それがまた私達らしくて、良い思い出になりました。
数ある式場の中でシュビアに出会えたことを幸せに思います。

当日は余裕がなくて気付かなかったのですが、後日出来上がった写真を見てこんなにもたくさんの方々に支えられていたんだと気づき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。