Voice

「結婚式って準備が面倒くさくて大変」が「心から“やってよかった”」に

2007-06-16 田中 敦様・恵里様ご夫妻

2007-06-16-tanaka

【SUBIRを選んだ決め手】

2007年4月に入籍し、すでに妊娠5ヶ月に入っていたこともあり、私たち二人は “結婚式は子供が生まれてからゆっくりと・・・”と考えていました。 貯金も時間もない状況だったので・・・。
しかし、両親からのすすめもあって、はじめは渋々、特に何も考えずにSUBIRさんに下見へ行かせていただきました。 着くなり、HPで名前を見て覚えていたスタッフさん(松本さん?)が実際に出迎えてくれたことで親近感がわきました。 結婚式場の下見なんて初めてで、少し戸惑っていた私達に丁寧に説明してくれて、通常聞きづらい料金の事なども早速見積もりを出してくれたりと安心出来ました。
会場については、天井が高く開放的なシーブルー、オープンキッチンでアットホームな雰囲気のバンケット、どちらも魅力的で、下見を終えた帰り道では、すでに“どっちの会場にしようか!?”とふたりで話し合っていたくらいです。

【実際にSUBIRで行っての感想】

正直、私たちは“結婚式って準備が面倒くさくて大変・・・”というイメージをもっていました。たしかに、事前に決める事などたくさんあったと思うのですが、本当に意外なほどスムーズに当日を迎えられました。これは、担当の松本さんの細やかなお心遣いがあってこそだと思っています。打ち合わせや準備をしていく中で、家にFAXもない、パソコンも使えないという状態の私達を、いつも笑顔で丁寧に対応していただき、手を尽くして下さって、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
式当日は、朝早くから会場に来てくださった、担当の松本さんをはじめSUBIRのスタッフの方々、ヘアメイクの高橋さん、お花屋さんの田中さん、カメラマンの有馬さんから次々と笑顔で祝福してくださり、“今日は楽しい一日になりそう!!”という予感でいっぱいになりました。もちろん、その予感は的中しました!!
私達は人前式の後、そのまま披露宴という流れだったのですが、立ち振る舞いなど全くわかっておらず、“どう動いたらいいんだろう?”“転んだりしてしまったら・・・” とはじめは少し緊張していたのですが、介添人さんやスタッフの方々からお声を掛けていただいたり、やさしくリードしていただいたおかげで、安心して楽しめましたし、3時間という時間が驚くほどあっという間でした。 新郎がスピーチのことで頭がいっぱいだったことを除いては(笑)
終わった後もゲストの方から“すごくアットホームで良い結婚式だったよ”“親族が多い式だと堅苦しくなりがちだけど、親身に祝福できた”とうれしいお言葉もいただけました。
私達ふたりも、2階から降りて来る時に注がれた日の光りや、会場を広く感じさせる高い天井、ブライダルフェアの時から楽しみにしていたお料理(主役は本当に食べられないんですね・・・あえて言わせていただくと、せっかくのお料理がひとくちしか食べられなかった事が一番の心残りです(涙))、キャンドルサービスの代わりのビールサービス等など、 SUBIRさんならではの演出に大満足です?
はじめは面倒くさいと思っていた結婚式、今心から“やってよかった”と思えるのもSUBIRさんでできたからだと実感しています。 SUBIRさんに出会えてよかったです。本当にありがとうございました!!

~最後に今回私達の担当をしてくださった松本さんへ~
松本さんへの感謝と尊敬の気持ちは、どうお伝えしたら良いのかわかりません。 困った時はすぐに話を聞いて下さり、的確な意見を下さいましたね。
特に式前日の夜、準備に追われてバタバタしていた最中、松本さんから電話をいただいて、どれほど安心したことか・・・。二ヶ月弱という短い間でしたが、松本さんと信頼関係を築けたことも、一つの宝物となりました。
本当に、本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした